ダイヤモンドは写メライン査定は!  大丈夫ですか?

ドラゴン鑑定

第3回 

ダイヤモンドは写メライン査定は無理です。    

 

何故無理なのでしょうか?  (鑑定書なし)

 

ダイヤモンドの写真は プロの写真家でも難しいと言わせます

ご自分では綺麗に写したつもりでも、ダイヤの裏が汚れております。

 

ご自分で、ダイヤモンドの指輪・ダイヤネックレスの写真をラインで買取業者に送っても、ダイヤ4Cの一部、重量だけが(カラット)枠の刻印により分かります。

 

 

査定に必要な4Cの内、分かるのはカラットのみ、残り、ここでは(3C)と言います

残り3Cが全く見えず、他にダイヤモンド査定に必要な、蛍光性・LDH・欠け・照り

全く見えない状態での査定額は、お客様を欺く行為で有ります。

 

最初から お客様に鑑定書もなく、写メだけで査定額をお出しする事自体が

あり得ない事で、又写真を拝見しただけではダイヤモンドとも言えません。

 

私は、最初に天然ダイヤモンドであるかの検査。

ダイヤⅡ型の検査・ルースの状態で4Cの確認、蛍光性・LDH・内包物の状態・欠け

ダイヤの直径・照り・これら全てを見て初めて査定額をお客様におだしできます。

 

鑑定書をお持ちでも上記全ては把握できません。

 

    業者は、ダイヤモンドを買いたい一心で、ライン査定は

 

     お客様を欺く、悪質な買取と言われても

        仕方がないと思います。

 

電話でダイヤモンド査定で良く聞かれること

鑑定書お持ちですか? この質問は当然お聞きいたします。

 

どちらで、おいくら位でお求められました?  購入時の為替が絡み無意味な質問

何年位お使いになられましたか?       まったく無意味な質問

見た目はいかがですか?           汚れて汚いと答えますか?

 

 

 経験上、多くの方は鑑定書は紛失され、形見のダイヤが多く見られます。

 ご自身でお求めになられた  (鑑定書80%紛失・鑑別書が多い)

 次に多いのはご婚約指輪であり(鑑定書有りの方が多いです)

鑑定書をお持ちでも(GIA・中央宝石研究所・AGT)以外の鑑定書では査定に影響が

あります。

 

この様なライン査定、上記の査定に必要な条件(4C・蛍光性・LDH・内包物・欠け・

照り・ダイヤの直径・ダイヤが本物か)

 

以上が判明しませんので、ライン査定では当初の査定は高く、商品到着後では

かなり当初の査定とは違ってきます。

 

理由は、最初から安い査定では お客様はやめます。 商品到着後は、難癖をつけ

安価な買取になります。

 

 茨城県龍ヶ崎市内で、 自宅店舗・  県内トップクラス買取価格の買取店

 

お客様が売却前にご自分の宝飾品を、正当な価格でお売りするとおいくらでお売りできるかを、【適正と思われる安信買取査定】無料でサポートしております。

 

この店舗は自宅業務でありますが、茨城県警察署で数署の遺失物買取を15年近く、

茨城県警察署のダイヤモンドの鑑定も行っております。

 

    自宅業務で安心できます。

    この店舗の ホームページ  アドレス

    

              https://e-dia.jp

    

この査定をサポートされても、ご自分のお好きなお店で売却されて下さい

手数料も一切ありません。

 

     ホームページに詳しく出ております

 

    売却前には、ご自分の宝飾品の正当な売却額をお知りください。

        3割~4割位の売却差が生じます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

    ドラゴン鑑定